2019年03月10日

【おなか-2】過敏性腸症候群?

下痢の症状で検索すると、過敏性腸症候群 (IBS)やら膵臓炎がヒットするので、そのあたりが該当するのかなあとなんとなく思っていました。

過敏性腸症候群(IBS)は超有名ですね。

Wikipediaによると
過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん、英語:Irritable Bowel Syndrome、IBS)

 主として大腸の運動および分泌機能の異常で起こる病気の総称。

 検査を行っても炎症や潰瘍といった器質的疾患が認められないにもかかわらず、下痢や便秘、腹痛とそれに関係する便通異常が慢性的または再発性に持続する機能性消化管疾患である


思い当たるならさっさと病院に行って診断してもらってこい~!ってな感じですが、行動力がなくてスミマセン。

(結局、とある理由で病院に行くことになります。後で記事にします。)

過敏性腸症候群の原因として「ストレス」が多いらしいです。


おなかの調子が悪い日が続くようになったのは、産後しばらくしてから。

子どもがある程度大きくなり外で働くようになったあたりから。

その間大きなストレスがあったかというと、うーん。

様々なストレスがかかっていたことは事実ですが…。

でも、会社に行くときも休みの日も問わず症状が出ていたので、ストレスが原因といわれてもピンときません。

ほかに考えられるのは食事内容ですが、家族でおなじものを食べているのになぜ自分だけが?という疑問がわきますし。


次回に続きます。

【おなか-3】脂肪?食事量?時間帯?
 トップページへ戻る


posted by さとっち at 20:35| おなかの話 | 更新情報をチェックする
トップページへ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。